読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の屁

頭だっておならをします。脳のおならを集めてみました。

「キュレーション2.0」はまだか

ネット

f:id:nasuhiko:20151130224338j:plain

「キュレーションサイト」というものがある。

流行の旬は過ぎてしまったようだが、NAVERまとめやGunosy、nanapiだのRETRIPだの、キュレーションを名乗るサイトはまだまだ多い。
あ、はてなブックマークもそうかな?
2ちゃんねるまとめブログも、ある意味でこれに入るかもしれない。

 

確かに現代のネットでは流通している情報の量が多すぎる。
それらはまさに玉石混交と言おうか、現代のネットユーザーは浜の真砂のように膨大などうでもいい情報から有益な情報を探し当てねばならない。
とは言え人間の情報処理能力は有限である。一説によると現代人が一日に接する情報は、中世ヨーロッパ貴族のそれを超えるとか。とても一般人の手に負える量ではない。
人生は短い。

 

そうした現状では「他の誰かが有益な情報を選んでくれるサービス」というのはいかにも魅力的である。ネット起業が参入するのも理解できる。

 

だが自分に照らして申し上げれば、既存のキュレーションサイトはあまり使いものにならない。自分にとって益のない情報もノイズとして混ざりこんでいる。ノイズとは言えPV稼ぎに目を惹くタイトルをつけているものだから始末が悪い。
一方で本当にほしい情報は運ばれてこない。結果として無駄な閲覧時間を浪費し、何のためのキュレーションかとため息をつく次第である。
あなたはそうではないか?

 

そろそろ「キュレーション」も次のステージに上る段階だと思うのである。これを「キュレーション2.0」と呼ぼう。

 

鍵を握るのはたぶん、Googleだ。
ご存知のようにGoogleは現在でも検索履歴や位置情報を参照してユーザーの端末に広告を表示している。検索結果も変わる。
だがそれは、●●というカメラを検索したらそればかりが広告枠に出てくるとか、居住地近くの分譲マンションが紹介されるとか、お世辞にも有益とは言いがたい。

 

極端な話、私はGoogleにもっとプライバシーを知られてもよい。
生年、出身地、学歴、専攻科目、勤務先、年収、家族構成、何でも聞いて欲しい。

 

一例を挙げる。例えば私がこれまで読んできた本とその評価を全てGoogleに伝えたとする。
「エルマーの冒険」から池波正太郎フォン・ノイマンまで、覚えている全てを入力し、それぞれをレーティングする。
そうすればきっと、「あなたが読むべき本」をGoogleは教えてくれるだろう。
「購読すべき書評系サイト」も教えてくれるかもしれない。

 

収入と買い物・支払いをGoogleに伝えれば、家計管理だとかより良い買い物、保険の見直しプランも教えてくれるに違いない。

 

「仲良くなれる可能性の高い人」のTwitterアカウントも知らせてくれるかもしれない。

 

そしてそれらをGoogle経由で購入する。その手数料で不足なら、年収の1%くらいは払っても良い。

 

私を苛つかせる情報、無益な情報は目の前から消え失せ、自分でも気づかなかったニーズに応えてくれるようになるだろう。素晴らしいじゃないか。

 

もちろん、そうしたプライバシーの切り売りを嫌悪する人もいよう。
だがあなたのプライベートはそれほど価値のあるものなのか?
精度の高い有益な情報を得るの対価として相応とは思えないのか?
そうした人はもちろん、キュレーション2.0に加入しなくても良い。選択の自由は許される。

 

利便を追求する現代社会において、キュレーション2.0を待ち望む人は決して少なくないはずだ。

今こそ「人類補完計画」を

ネット アニメ

「2015年、『人類補完計画』始動を始動させる」

f:id:nasuhiko:20151130192320j:plain

「ネットを一日、いや数時間でいい、眺めてみろ。現代の人類がいかに醜悪かがお前に理解できるだろう」

「まずニュースを見ろ。宗教とナショナリズム、利権、貧富の差、そして武力衝突。中東の現状はまさに人類の『罪』を凝縮したものだと思わないか?」

「そこからの難民を受けれている欧州も、今や死に体だ。ギリシャ危機に端を発した各国の利害対立はもはや拭い難く、ヨーロッパ連合の、人類の理想はけっきょく絵空事にすぎなかったことを教えてくれる」

「遠すぎて実感がわかない? なら日本に目を向けてみろ。自分と違う考えをする・境遇の者を敵とみなし、それにいちゃもんをつけて溜飲を下げるだけの連中でトラフィックはいっぱいだ。残りは承認欲求を満たしたい、あるいは金儲けをしたい餓鬼どもで埋まっている」

「こんな筈じゃなかった、とお前は言うだろう。誰もが平等に情報を発信し、集合知で以って世界はより良くなる筈だったと」

「だが現実は違った。人々はそれほど賢明でも、優しくもなかった。後期近代でもリキッド・モダニティでも島宇宙化でも構わない。人々はバラバラになりすぎた。皆が信じられる大きな物語など、前世紀に崩壊している」

「信じられるのは自分と、せいぜい賛同者だけだ。結果、自分と自分の信条・立場がいかに優れているかを競い合う場にネットは変わった。お前も大なり小なり、そのゲームに参加しているだろう? ネットはいまや、万人の万人に対する闘争の場になっている」

「私は疲れた。ネットを見て得られることよりも疲れることのほうが最近は多い。お前はそうではないのか?」

 

「人類はひとつになるべきだ。最近のネットを見ていると強く思う。母のもとに戻り、ひとつになろう」

「人類の発展? 発展した結果がこれだ」

「他者とわかりあうための努力? それをするのは自分が気に入った他者に対してだけだろう。その他の大多数は路傍の石のように黙殺されている。人間は半径3mの範囲にしか優しくできない。それでもなお、ほんとうの意味で他者を理解し、受け入れることがどれほど困難か、お前も知っている筈だ」

「進歩や努力が全ての人々を幸せにしていると、ほんとうに思うのか?」

 

「争いもない。差別もない。格差もない。誰かに苛立たされることも、苛立たせることもない。羨むこともない。不安もない。承認欲求に飢えることもない。穏やかなで平等な世界だ」

「もう争いは止めにしよう。母の元へ還ろう。皆でひとつになろう」

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

現代ほどエヴァンゲリオンの「人類補完計画」が必要とされている時期はない。

 

過去の人類史を遡れば、個人にとってもっと不幸だった時代はいくらでもあるだろう。

だがその当時には社会的靭帯は今より機能していただろうし、何よりネットがなかった。

ネットは全てを可視化させる。私にとって見たくない聞きたくないことまでも。

私はもう疲れてしまったのだ、ネットに。

巨大綾波の母胎の中で甘くて温いクリームのごときものに包まれ、胎児のように眠りたい。

 

最後に、当記事は下記記事とそのはてなブックマークコメントに触発されて書いたものである。ブログ筆者であるid:NOV1975氏、ならびにブックマーカーであるid:vndn氏に感謝したい。

novtan.hatenablog.com